注目の記事 PICK UP!

やる前に知っておきたい!豊胸手術の後遺症、失敗例10選

胸は大きい方がいい。バストアップの食事も運動もサプリも効果がなかった。じゃあ豊胸手術でもしようか。。って思った方、ちょっとまってください!豊胸手術はこんなに危険なんです。

どんどん胸が大きくなって、Oカップに…!?

出典:http://www.nydailynews.com/life-style/health/porn-star-o-cup-breasts-kill-article-1.1579338
エリザベスさんはポルノ女優としてのキャリアを成功させるため、15年前豊胸手術を受けました。
手術の後遺症で体内の水が胸に溜まり続け、胸はOカップにまで大きくなり、とうとうバストの切除手術の選択を迫られました。このまま放置しておくと、血栓による命の危険性があるとのこと。ドクターから命を取るか、胸を取るかの選択を迫られました。
しかし切除するという選択は彼女の中にはないとのことです。

こんなに・・!豊胸手術の失敗例、後遺症10件

1. 感触が固い

出典:http://muscle-manager.com/?p=241
固い原因①注入技術
豊胸の素材の感触は、柔らかい順に【1】脂肪注入→【2】バッグ→【3】ヒアルロン酸です。
ヒアルロン酸は即効性がありますが、ドクターの注入技術によっては”たくましい胸板”になってしまう場合もあります。

▼ヒアルロン酸の種類
美容整形で使用されるヒアルロン酸にはいくつか種類がありますが、粒子の大きさがそれぞれ違います。
粒子の大きい種類のヒアルロン酸は、固く、吸収されにくいという特徴を持っています。
それに対して粒子が小さいヒアルロン酸は柔らかいですが吸収されやすいです。
一般的に豊胸に使用されるヒアルロン酸は、持続時間を長くするために粒子の大きいものですので、やはり固さを感じてしまうことがあります。

固い原因②カプセル拘縮
バッグを入れた後の「カプセル拘縮」も固さの大きな原因です。「カプセル拘縮」とは人間の体の防御反応としてバッグのような「異物」が体の中に入ってくるとバッグを取り込むように膜をつくり、押し出そうとします。するとバスト全体が固くなり、形がいびつになってきます。これが「カプセル拘縮」です。
どんなに経験のあるドクターでもこれは避けられません。

2. バストの形がいびつになる



出典:http://urx3.nu/DnjF
実は、バストにバッグを入れた人の1割は「カプセル拘縮」を起こすといわれています。また技術の伴わないヒアルロン酸注入によるしこり、脂肪注入による石灰化なども、左右いびつな形の原因になります。

3. バストの感触に異物感がある


出典:https://www.mune-bust.com/mune-53/
皮下脂肪の少ない人がバッグを入れると、バストの外周にリップリング(バッグのふちのザラザラのギャザーが触れる現象)やウェイビング(波打った感触)を感じるケースがあります。事前の肌質・脂肪・乳腺の適性チェックが大切です。

4. バスト感覚の麻痺


出典:http://ixil.info/archives/3619
バッグの手術の際に神経を傷つけたり、入れた後に「カプセル拘縮」を起こすと、乳首の感覚が鈍くなる、あるいは逆に「触られただけで痛い」という知覚過敏や、しびれが残る場合があります。

5. 異物が入っている心理的負担


出典:http://melancholy.click/?p=26
バッグやヒアルロン酸を入れた後に「温度が冷たい」「寝た時にバストが自然に流れない」と異物感に悩まされ、中には抑うつ状態になり、術後数日で取り出してしまう患者さんもいます。ドクターのカウンセリングが欠かせません。

6. 傷が目立つ


出典:https://ameblo.jp/mybu30/entry-11253697990.html
バッグは脇の下やアンダーバストを少し切開して入れます。通常は傷跡が徐々に白くなり、消えていきますが、患者さんの肌質やドクターの技術によっては傷が消えずに残ってしまう場合があります。

7. 脂肪注入の際の脂肪吸引部位の形がいびつ


出典:http://bustsurgery.wpblog.jp/siboukyuin-mistake-risk/
脂肪注入の場合、ドクターの技術が伴わないと脂肪を吸引した部位が凹凸やシワになってしまうことがあります。特に幹細胞注入は脂肪の量が必要なので、無理して吸引すると、周囲との差が目立つことも。ドクター選びが重要です。

8. 脂肪壊死


出典:http://xn--tckue253jqbm3f0b3hj62g.com/no37/
脂肪注入の2週間後に痛みや赤み、腫れが出たら要注意。
注入した脂肪細胞が血管から栄養を吸収できなかった場合は壊死してしまい、感染症を起こすことがあるため、洗浄・除去の再手術が必要になります。

9. しこり・石灰化


出典:https://www.theclinic.jp/contents/breast_tumour.php
ヒアルロン酸を1カ所にかためて注入したことによるしこりのほか、脂肪注入で定着しなかった脂肪が石のように固く石灰化してしまうことがあります・・!
また老朽化が進んだバッグも、卵殻状に石灰化する場合もあります・・。

10. バックの破損

出典:http://aquagirl-cosmetics.jp/houkyoufuan/diving.html
老朽化や「カプセル拘縮」により圧力がかかってバッグが破けると、再手術が必要です。現在のバッグの内容物は体に害のない素材が使われていますが、破れたまま放置しておくと皮膚の下に浸潤した内容液が炎症を起こしたり、皮膚を突き破ったりする場合もあります。
▼バッグが破損があったこれまでのケース
・見た目に大きな変化はないが左胸のバッグが破損していた
・バッグの破損によって右胸上部が凹んでしまった
・内容物が漏れ出し左右差が生じた
・破損後の炎症で右胸に腫れが生じた

まとめ
最終的にどうしても胸がほしい場合、手術もありですが、必ずリスクはあります。手術で失敗する前に、サプリメントやドリンクがあるので、まずはそっちで試してほしいものです。サプリなどは分量が違うと、効果も変わってくるので、試してみて下さいね!

関連記事

  1. 【トマト最強説】朝or夜トマトダイエットの効果的なやり方・レシピ♪

  2. 【1ヶ月マイナス5キロ】モデルが公表している効果抜群な8つのダイエット法

  3. 夏直前!水着が着れる二の腕やせヨガポーズ5選

  4. 【求人】働きやすいエステ店 経験者優遇ベスト5

  5. 1度でジョギング1時間のカロリー消費!「35入浴」で痩せ体質☆

  6. これで就活もうまくいく!キレイめ好印象メイク

  7. パーツモデルの美容方法を全部やれば最強説!!

  8. 【コスパ良】プチプラなのに優秀「フェイスマスク」

  9. 絶対バストアップしたい!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

キレイのためのお店情報満載!

最近の記事

  1. 【エステ】最新の幹細胞フェイシャルケア!TOP5店舗
  2. 土曜のイケメン【高橋一生さん】
  3. 飲んで騒いではっちゃけろ!夏のパリピデート_ラブ得デートツアーvol.3~女性目…
  4. 【乾燥しない!!】一日中美肌キープするファンデ5アイテム♡
  5. 【美を極めろ!!】99%きれいになれる美容アイテム5選
  6. 土曜のイケメン【柾木玲弥さん】
  7. 【1ヶ月マイナス5キロ】モデルが公表している効果抜群な8つのダイエット法
  8. バストアップしながらダイエット♡味噌汁が女性にイイ理由6つ
  9. 【裏技】貧乳でもグラビアアイドルみたいな谷間のおっぱいを作る方法5つ!
  10. 【最新】マシンメニューこだわりのエステサロン5選

公式FBいいね押してね

e-studio_300x100
mspearl_300x100

姉妹サイト

俺のWEBマガジンORENO

人気記事

PAGE TOP